FC2ブログ

【配当金・分配金】NEXT FUNDS東証REIT(1343)から分配金がキター!

おはようございます。

長かった緊急事態宣言が解除されようとしていますね。
といっても個人的にはこれまでと大きな変化はないと思いますが、ちょっとした旅行に行く時などは、気兼ねせずに行けるようになる程度ですかね。

ま、しばらくは会社でも飲み会に誘われたりすることもないでしょうから、できれば飲み会の自粛は続いてほしいところですね。

それはいいとして、NEXT FUNDS東証REIT(1343)から分配金を頂きました。
久々に、個別ETFの状況を確認してみます。

このETFは、東証REIT指数を投資対象としているETFで、信託報酬は0.1705%に、その他管理料がかかってきます。
今は、国内ファンドのREITでSBI証券で調べると0.187%ですので、ETFに投資するメリットはそれほどないですね。

一方で、REITに投資するのは値上がり益というよりも分配金を重視することが多いので、ファンドよりもETFでキャッシュインカムを得ていくという点ではETF投資のメリットはあるのかと思います。

現状の価額の状況ですが、2,125円です。

reitetf0320.png
(資料は月次報告から)

コロナ前が2,400円近く、安値が2020年3/19の1,235円でした。
コロナでほぼ半値になっていましたが、ほぼ取り戻していますね。
高値の2,425円から見ると12%ほど低いですが、オフィス、ホテル、商業系は依然として厳しい気もするので、妥当なところですかね?

肝心の分配金ですが、今回は1,660円、過去の実績年間分では7,060円、利回り3.3%ほどです。

ただし、前年同月は1,920円の分配金でしたので、13%近く減少しているので少し心配ですね(その前は増加していますけど)。

株価の上昇が激しいので、REITに投資するメリットは何かという気もしますが、株式より比較的高い利回りである、インフレにも強いということですかね。

現在の水準では追加投資は考えていませんが、投資の分散ということで、10-15%ぐらいは、引き続き保有していく予定です。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【東日本大震災から10年】あれから10年、それでも人は歩み続けるんですよね・・・

IMG_1663.jpg
~がんばれ東北~

2021年3月11日、今年もこの日がやってきました。
実家の京都で阪神淡路大震災を経験し、就職先の東京で東日本大震災を経験しました。

残念ながら想定どおりというか10年経っても復興はかないませんでしたね。

リーマンショックに打ちひしがれていた時に大震災が日本を襲い、更には原発事故と、そして10年後の今は、コロナという感染症が世界を襲っています。

ただ、最近思うのは人間は案外強いということと、これからもはいつくばってもがき続けながら歩み続けるのかな、ということです。

復興はかなっていないと言いながら、インフラはそれなりの外観を整えているわけで、酒蔵で日本酒が造られたり、三陸鉄道が復活したり、そして多くの人が新たな日常を送っているんですよね。

これは、多くの人が復興のために一歩ずつ少しだけでも歩んできたおかげです。
そして、コロナ禍でもワクチンの製造、医療関係者、エッセンシャルワーカーと言われる方が歩み続けてウイルスに打ち勝とうとしているわけですね。

最近FIREがブームですが、人間は本来なんらかの苦境やタスクを乗り越えることに喜びを感じるのではないかと漠然と思ったりしています。
おそらく私もFIREをしても、何らかの形で社会がよくなるための一歩は歩み続けたいと思ったりしています。

ちょっと、コロナ禍の中で漠然とそんなことを考えたりしています。
そして、今年が最後であってほしいと思いながら、今年も、幸田真音さんの「凛冽の宙」のあとがきを紹介します。

『いま、日本はまさに凛冽の時代。経済も、世の中も、そして人の心までもが冷え切っています。でも、そんななかで、ほかと違って正しいことをしようとすると、もっと寒さを覚悟する必要があるのかもしれません。
ねえ、あなた。教えていただけませんか。この国は、いったいいつまで凛冽の時代を続ける気なのでしょう。
それとも、すべてを知ったうえで、正しい改革の道を選んだからこそ、いま「凛冽」なのでしょうか。
この先、寒さに耐え抜いたら、必ず春はやってくるのですよね。』(略)

政治や官僚のせいにするつもりはありませんが、災害時や緊急事態の時の財産権・私権の制限(私有地のがれきの撤去など)をどうするのかという憲法改正の議論、そして原発をどうするのかという課題はなんら進んでいません。
いつまで国民に凛冽の時代を歩ませるのでしょうか・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【18きっぷの旅】ひっそりとぼっち旅、ローカル線で日帰り温泉巡り!

IMG_4267.jpg

おはようございます、フェニックスです。

首都圏は緊急事態宣言下ですが、春の18きっぷの旅に行ってきました。
もうここまでくると、自己責任ではないかということですかね。
批判はあるのかもしれませんが、ぼっち暮らし、食事もぼっち、マスクしないで人と話すこともない生活、家族もいないので世間の方のようにうちの中でもマスクなしの会話の機会もないので、個人的には世間一般の方より感染リスクは低いかな、なんて思ったりしています。

そして、もちろん旅もぼっち、会話も基本しない、食事もなるべく人の少ない所にと、まー18きっぷの旅というか、ローカル線、人の少ない都市が好きなので、そこは大丈夫かな、なんて独りよがりな解釈で正当化しています・・・

ということで、今回はこれまでも18きっぷで行ったことのあるローカル日帰り温泉を巡ってきました。

個人的にはお勧めなんですが、こういう時期なので自己判断で訪ねてみてください。私の弱小ブログ訪問者の方には公開しておきます。

6:20東京発 → 高崎8:16着 8:23発 → 水上9:30着 湯テルメ谷川
11:56水上発 → 渋川12:36着 13:14発 → 小野上温泉 13:39着 さちの湯
15:09小野上温泉発 → 高崎15:57着 16:12発 →17:59新宿着


湯テルメ谷川さん公式HP ⇒ こちら
小野上温泉さちの湯さん公式HP ⇒ こちら

ちなみに東京から高崎、高崎から新宿間は追加料金800円を払ってグリーン車に乗車しました。

18きっぷ2,410円、グリーン券1,600円、湯テルメ谷川630円、さちの湯410円で5,050円、その他駅弁まぐろいくら弁当1,300円、ビール温泉内460円、その他で8,000円近く使っての豪遊ですね!

ちなみに、通常の乗車賃は6,710円なのでグリーン車や温泉代を使っても十分ですね!ビール代が余計でしたかね・・・

IMG_4271.jpg
訪れた湯テルメ谷川は、谷川の近くにある温泉街にある確か村営の温泉で、水上駅からは歩いて35分ぐらいにあります。この時期は雪も少なくて歩きやすい舗装道路を少し登っていくと着きます。

IMG_4265.jpg

IMG_4266.jpg

10時過ぎに着いて入ると、5,6人先客がいました。
地元の人と観光客ですかね、帰りに車のナンバーを見ると群馬県外が3台ほどとまっていました。
露天風呂は広めで少しぬるめでしょうか、川沿いの山には雪がまだ残っていました。
内風呂は3つ、1つはぬるめ、もう一つもぬるめでしたが入っていると芯から温まる感じ、もう一つはあたたかいお湯でした。

泉質も3つ、アルカリ性単純温泉、カルシウム・ナトリウム硫酸塩、塩化物温泉。あとが単純温泉なんですね。帰って調べてから知りました・・・

30分ほどで出て2階の休憩室、誰もいなかったので東京駅で買っていた駅弁とビールで一息、駅弁は電車でと思っていたのですが、朝少しパンを食べてたので早めのランチに。
IMG_4273.jpg

IMG_4274.jpg

IMG_4276.jpg
後ろに見えるはずの谷川岳・・・

11時過ぎに温泉を出て水上駅に、こちらは転車台がありD51の展示もあります。
IMG_4280.jpg

午後はこちらも市営の小野上温泉さちの湯さんです。
なんとこちらは駅から降りて3分ほどでしょうか、すぐです!
冬に行きたかったのですが、市外の人は規制で入れませんでした・・・
IMG_4287.jpg

やっと解除が出たのですが、こちらは2時間410円、しかも市内高齢者は250円なのでそこそこ混んでいます。
こちらは美人の湯というだけあって、本当になめらかなお湯です。
泉質はナトリウム塩化物温泉で、洗い場のお湯を使った時点でお肌がすべすべになります。

こちらも広めの休憩室で、10名ぐらいでしょうかくつろいでらっしゃるはしっこの方で風呂上がりのビール。それほど時間がなかったですが気持ち良かったです。
IMG_4288.jpg

IMG_4292.jpg
帰りは少しすいていたグリーン車で。

それにしても上越線とか我妻線はいいですね。
人が乗っていても座席の使用率は高校生が大量に乗ってきても8割ぐらい、ほとんどが乗車率5割行くかどうか、JRとしては厳しいのかもしれませんが、山や川、田んぼなんかを眺めて乗るにはぴったりですね。
IMG_4282.jpg

春は後4回、どこに移行か次も楽しみです。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【配当金・分配金】2021年2月までの状況確認!

さて、1月はブログにあげていませんでしたが、2月分とまとめて配当状況の確認です。
ま、コロナ前までは高配当によるFIREブームが来ていたんですけど、今は完全にグロース株、高配当株投資なにそれ状態ですね。
確かに、高配当株は完全に出遅れていますね・・・


私の保有銘柄も1/3ぐらいでしょうか、半分はいかないですが減配していますね。
でも、高配当銘柄には正直キャピタルゲインはそれほど望まない、値上がりより配当重視というものなので、なんとか含み損が解消してくれ、4%前後の配当を頂ければいいんですけどね。

haitousuii202102.png

それはいいとして、1月の配当は対前年比で1217%という状況です(笑)
1月の配当が出るのが少ない中で、ETFのMAXISが1月に分配金を出したのが大きいですね。新規購入による配当の増加という状況です。

2月は対前年比で17.5%増となんとか増加を確保しました!
これも追加投資の影響で、高配当ETFなどをコロナ禍で落ちるナイフをつかみにいったおかげですかね?
その他には、インフラファンド、REITなども貢献してくれています。

投資にはいろんなイベントというか、環境の変化があります。
それに対応するには、あらゆる業種や国、銘柄を含んだインデックス投資もあります。でも、配当も投資を継続するモチベーションになるのも事実です。

なので、とりあえずは年間100万円の配当を目標に、FIREを考えるときりのいい120万円を目指していこうと思っています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【セミナー】金融庁さんのつみップオンラインに参加しました!

先日、金融庁さんがつみップオンラインを開催されましたので、遅れてですが参加しました。

昨年9月からの久々の開催で、今回は個人投資家(ブロガー)がいいファンドを投票するFund of the Yearで選ばれ他運用会社4社の方が対談する形式でした。

参加した運用会社と受賞ファンドは次のような4社です。

・三菱UFJ国際投信株式会社
⇒e Maxis Slim全世界株式

・ニッセイアセットマネジメント株式会社
⇒購入・換金手数料なしニッセイ外国株式インデックスファンド

・セゾン投信株式会社
⇒セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

・レオス・キャピタルワークス株式会社
⇒ひふみ投信


残念ならが、私は当日在宅勤務とはならなかったので、帰宅が20時前でしたので、ほとんど聞けませんでした(泣)

このイベントは、(つみたて)NISAという投資における税制優遇の制度を通じて個人の資産形成の重要性の理解を深めていく、普及していくというようなイベントです(個人的なイメージですが)。

NISA制度の概要は、当日の金融庁さんの資料を抜粋すると、次のような制度です。
NISA制度

一般NISAは、5年間120万円(計600万円)まで非課税
つみたてNISAは、20年間40万円(計800万円)まで非課税(低コストファンドなどに限定)


ま、いずれにしろ、このNISA口座が1500万口座を突破した、更にはつみたてNISA口座が300万口座を突破したということのようでした。

そして、つみたてNISAは40代以下で7割、20代17%、30代27%と若い方の多くはつみたてNISAを利用されているようです。

全体で303万人なので、20代でも52万人ぐらい、30代で82万人が口座を開いているということですね。

20代人口が1273万人、30代人口が1388万人ですので、4%と6%程度とまだまだ低いですが100人いれば5人ぐらいは口座を持って運用しているんですね。

今、私が入社したての20代なら、月3000円ぐらいは投資に回すかなと考えています。
3000円ぐらいだと、年間36000円にしかなりませんが、投資はやはりこつこつ長期で行うものなので、早いうちに行った方がいいなと思っています。

投資のポイントも金融庁さんの資料に載っていました。
point.png

あ、肝心の内容は夜ご飯を作りながら聞いていたのであれですが、今後のNISA制度については恒久化を求める声が多かった気がします。
私も、恒久化と年120万円とコメントしましたが、現実的に考えると年60万円で入社から40年程度で2400万円ぐらいの枠、若い頃は60万円は無理なので2000万円ぐらいを投資に回すというのがいいですかね?

あと、運用会社のかたが、自身でもこれまでアクティブファンドや高配当などの投資をしてきたが、結果的に運用成績がいいのはインデックスファンドであったというような体験談をされていたのも、思わず同意してしまうおはなしでした。

その他は、取崩しの話も出ていましたが、これは運用会社というよりも販売会社や証券会社?が定期・定率取崩しできるシステムを作る問題なのかなとおもったりしました。

ちなみに、NISAなどのサイトはこちら
過去のつみップイベントはこちら



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
 40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をしならが、高配当株にも手を出したりして、資産形成・セミリタイアを目指しています。
 投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
 なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
カテゴリ
シンプルアーカイブ
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR