FC2ブログ

【18きっぷの旅】念願の只見線に乗ってみる~会津若松~

LRG_DSC01652.jpg

今回は、今年の18きっぷの旅 2018年冬編のスタートです!

もともと無趣味の私ですが、気が付くとなぜか18きっぷの旅にはまっています。
ブログを振り返ると、2015年の夏に長野、直江津、金沢を巡る旅をしたのが始まりで、その時はえちごトキめき鉄道とあいの風とやま鉄道が18きっぷで乗れないなんて知らないぐらいの鉄道おんちでした・・・

その後は、シーズンになると五能線、飯山線、飯田線、御殿場線、高山本線、身延線、八高線、両毛線、水郡線などなどを愉しむようになってきました。

ということで、今年はどこにしようかな、なんて思っていましたが、やはり一度は乗ってみたい聖線?乗鉄さんにも撮鉄さんにも人気がある路線である只見線にすることにしました!
せっかくの三連休なので1泊2日で、会津若松の観光も楽しもうというプランです。

《1日目》
東京6:20発 JR上野東京ライン→高崎 8:16着 8:24発 JR上越線→水上 9:30着 9:45発→越後湯沢 10:17着(ぽんしゅ館で日本酒とへぎそば)
越後湯沢 12:15発 JR上越線→小出12:56着 13:11発 JR只見線→14:28着 14:32発 代行バス→会津川口 15:22着 15:27発→会津若松17:19着


比較的のんびりしたプランですね。他の方のブログを見ていると、只見線なら日帰りというかたもいましたが、体力的な問題と、やはりせかっく行くなら観光も少しはしてみたい、ということで、只見線を愉しみつつ、越後湯沢で日本酒を味わい、鶴ヶ城と末廣酒造さんを見学するというプランです。

やはり北へ向かうとなると日本酒を愉しみたくなるということで、越後湯沢のぽんしゅ館で日本酒を味わって食事を取る時間を確保するため4時過ぎに起きて出発しましたが、8:29東京発でも会津若松には同じ時間に着けますね。

こちらがぽんしゅ館です。
IMG_7811.jpg

お土産やさんなども充実しています。
LRG_DSC01609.jpg

でも、せっかく18きっぷで旅をするとなると色んな駅で途中下車するというのも旅の愉しみなので、お酒が好きな方は是非ともぽんしゅ館でお酒を味わってみてください(500円で最大5杯まで)。

メダルの枚数が書いてありますが、500円で5枚もらえるので、それで好きなお酒を選びます(100種類以上)。
IMG_7821.jpg

こちらは夏子の酒のモデルになった酒造さんだそうです。
IMG_7820.jpg

その後は、ちかくのおそば屋さんでへぎそば(大盛り1000円)をいただきます。

LRG_DSC01615.jpg

この駅は、エキナカにお寿司屋、新潟のお米をいただけるおにぎり屋さんがあったり、ラーメン屋があったりと、充実しているのでいいですね。
結局、へぎそばを食べた後も、まだ時間があったのでもう一度ぽんしゅ館によるという、もう昼間からただの酔っ払いオヤジです・・・

そして、本日のメインである只見線に乗るため小出駅に向かいます。
こちらが時刻表です・・・本数が少ないですね。
LRG_DSC01624.jpg

LRG_DSC01630.jpg

小出駅で只見線のキハ40系に乗り込みます。2両編成で、意外と乗客が多いですね!
どうやら、観光客がほとんどのようで、中には中国人の家族連れまでいるという感じです。

なんとか座るところを確保して、景色を楽しみます。
やはり、乗っていて愉しい路線は川とダムと山がセットになっているんですね!
私も好きなのは高山本線と飯田線ですが、只見線もいいですね。

IMG_7875.jpg

IMG_78671.jpg

LRG_DSC01650.jpg

ただ、只見線でよく見る只見橋梁は乗っているとよく分からないんですね・・・
あっ、と思うと流れ去っていくような感じで、更には今年の暖冬のせいか、雪もそれほど多くないという感じでしたね。
でも、心配していた天気がよかったのが救いでした。

只見~会津川口間はまだ代行バスでの運行ですが、なんとか2021年の再開を予定しているそうです。
IMG_7857.jpg

LRG_DSC01651.jpg

当初は、ここ早戸駅の近くにある「つるの湯」さんに寄るか、泊まることも考えていたのですが、雪のことを考えて遠慮したんですが、全然積もっていないですね・・・
また、夏にでも来たときは寄ってみたいところですね。
IMG_7869.jpg

LRG_DSC01663.jpg

そうこうしていると、目的地の会津若松に到着です。
LRG_DSC01669.jpg

その後は、駅前に取ったビジネスホテルにチェックインして、近くの「喜多方ラーメン来夢」で確か910円だったような気がしますが、チャーシューがたっぷり乗ったラーメンを頂きました。お客さんは7、8人だったでしょうか?
IMG_7974.jpg

IMG_7975.jpg

6時過ぎだったと思うので、それほど混んでいないんですね。
駅からは10分ぐらいかかりますが、シンプルなしょうゆ味で美味しかったですが、少し麺がやわらかいのかな、という感じです。

その後は、軽く散歩をしながら飲み屋を探しますが、いまいちよく分かりません。
これといった感じのお店もないし、さすがに12時間電車に乗っていたので、ゆっくりお風呂に入ろうということで「富士の湯」さんです。

こちらがあったので、ビジネスホテルは安い大浴場なしのところにしました。
富士の湯さんは、地元の人も多いのか、結構混んでいますが、中の浴場も内風呂4つぐらいに、炭酸湯からジャグジー、壺湯や薬湯までいろいろあって温まれます。

そして、コンビニでお酒を買ってホテルでぼっち呑みです。
ホテルも古いですが中はきれいで、部屋が広めなのがよかったです。
10時過ぎぐらいには、眠りについてしまいました。
IMG_7983.jpg

ちなみに、東京から会津若松までは372.4km、普通運賃で6,480円、東京から約11時間(昼を抜くと約9時間)の旅でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【市況メモ】日経平均が1000円近く下げてまさかの2万円台を割れた!!

こんばんは、フェニックスです。
今日も大きく日経平均が下げましたねー
なんとなんとの1010.45円の下落で5.01%で、19,155.74円と20000円台を割ってしましました。
久々の1000円近い下落で、割合で見ても5%というしびれる状況ですね。

比較的リスク資産を減少させていたのですが、ボーナス手取りが吹っ飛んでいく感じですね・・・
もう、半年の労働の対価が意味をなしていないという、さてさてな感じです。

正直、年内は20000円台をなんとか持ちこたえて、米中貿易摩擦やブレグジットで3月頃に18000円台、その後状況次第で10月の消費税増税から年末にかけて16000円ぐらいかな、なんてなんとなく漠然と思っていたのですが、ピッチが速いですね。

ただ、ちょくとく落ちているナイフをつかみに行っては被害にあっていますが、いつまで続くのでしょうかね?
なんとなく、5%下落するたびに少しずつ買い増していくような感じでしょうかね?

でも、下落がいつまで続くのか、それは分かりません。
すぐ買いましたい気もしますが、先ほど書いたように3月頃のイベントを待つ必要がある気もします。

これだけ振れ幅が大きいと、10%の下落のタイミングでいいのかもしれませんが、たまに落ちるナイフをつかむのも、今後のリターンを上げるには必要かもしれません。
ただ、どこまで下げるのか分からないのも事実ですね。

たんたんとつみたての実行をしつつ、ところどころの節目で買い増していきたいと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【分配金】この相場では嬉しい分配金をゲット!

最近、相場ではいいことがないですねー
なんていいつつも、荒れた相場は好きだったりするんですね。
元々はギャンブラーだったので、なんて。

そうは言いつつも辛いですね。
10数年つみたて投資をしてきて、ところどころで利確はしていますけれど、一部の含み益を食いつぶして、ところどころで乗り換えているファンドも多くが損失を抱えています。

こういう時どうすればいいのでしょうかね?
正直、自分が信じるようにやるしかないのですけど、個人的な感覚では証券アナリストなんかより、数十年生き抜いている投資家のつぶやきだったり、身近な変化に気をくばるしかないですよね。

それはいいとして、保有しているETFから配当(分配金)を頂きました!!
1つは5年ほど保有しているNEXT FUND 東証REITからで1口当り16円40銭です。
これまでの分配金の合計が65円30銭、今日の価額が1,879円なので3.47%の配当利回りですね。

もう1つは、上場インデックスファンド新興国債券で10口当たり467円ちょうど、これまでの分配金の合計が2,898円、今日の価額が46,750円なので6.20%の配当利回りですね。

正直、新興国債券はあまりボラティリティが高いのでお勧めできる商品ではありませんが、トルコショックの時に、つい利回りにつられて買ってしまいましたが、絶賛含み損中です!!

ま、基本的にはインデックスファンドのつみたてでいいと思いますが、長く続けるためには、こういう高配当など、たまにインカムゲインを得られるものを保有しておくというのも、気休め程度にはなりますね。

ぎりぎり言うと、複利効果がーとか、なんたらがーとか言うことはいくらでもありますが、人間理屈だけで生きていないですよね?
感情を伴いつつ投資するには、たまに配当がある投資商品もいいな、なんて思うこの頃です。

それにしても、20000円割れまで見えてきましたね。
おそらく、消費税増税やら中国の減速を考えると15000円を見据えた対策が必要なんでしょうかね?

ま、年内はもう大人しくしています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

これからが本当の「入金力」が試される!?

こんばんは、今日も大きく下げましたね、ガーン!

朝方FRBが利上げするということでNYダウも下げていたので、少しは覚悟していたのですが、一時は700円近く下げたそうですね・・・こえー

なんだかんだで、595円ほど下げて20,392.58円で終了だそうです。
先物はぼちぼちのような感じ(20日夜)ですが、円高がボディーブローのように効いてくるんですよね・・・

そんな中、私も最後のNISA枠を今日使ってしまいました。
そして、見事に含み損ですね・・・
NISA枠を、我慢して今年後半の下落局面で買おう、買おうと思っていたのですが、最後は我慢できずに早く買ってしまったので、全てで大きなマイナスを蒙るという状況ですが、比較的高配当銘柄というのを心の支えとしています。
(ただ、これから業績が悪化すると意味ないんですけどね・・・)

これからは、徐々に円高と株安のダブルパンチの予感もするので、これまで言っていたように、3年程度かけて積立を増額しつつ、高配当銘柄をNISA枠で物色するというスタンスで考えています。

ただ、ちょっと悲観が先行しすぎているような気もするのですが、こればかりはどうなるのか分からないですよね。
うーん、よく分からないので、少しずつ円をドルに積立で変えつつ、高配当外国株を買う準備をする必要もありますね。

本当に米中貿易戦争で中国がこけたら、日経は15,000円ぐらいまでいくのかな、なんて思ったりもしますが、本当にそうなるなら早めに来て欲しいという感じなんですけどね。

どうなるんでしょうかね?
答えは誰にも分からないでしょうが、働いていれば後3年は割増積立を行う現金もあるし、暴落してもスポット買いできるんですけど、そうなるとセミリタイアが遠のくのが困りものですね。

そして、もしもこれから下落した時にも続けられるのが本当の「入金力」です。
人それぞれ、入金力って違いますよね。

いけいけの時には毎月10万も投資していた人が、下落相場になると途端に3万円になったりします、そして下手すると投資を辞めてしまったりするんですね。

それはそれでいいのですが、本当の入金力は下落相場であっても、自分のできる範囲で、毎月3千円や1万円だけであっても投資に充てられるのか、ということです。

そして、それは本当の意味で身の丈にあった投資をしていたのか、本当の意味で長期目線で投資をしていたのか、が問われるのかな、なんて頭が弱いながら思ったりします。

そういいながら、人間なんて欲深い生き物です、少しでも儲けたいなんて投資しているわけですが、これまででいくと10年ぐらいで景気のサイクル(後退)があるわけで、だいたい7年から10年ぐらいつみたて投資をしていると概ねプラスになるそうです。

難しいことは分かりませんが、それを信じてこれからもこつこつと投資をしてなんとか退場しなければいいな、なんて思ったりしている今日この頃です。

それにしても、金融庁のつみたてNISAの開始時期があまりにも遅すぎたのと、ここにきてソフトバンクのIPOでNTTの二の舞で個人投資家の芽を摘んだのが悔やまれるような気がしますね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


【感想文】「プライベートバンカー驚異の資産運用砲」杉山智一著、その脅威の運用方法とは?

最近、読書感想文を載せていませんでしたね。
以前ほど投資関連本を読まなくなってしまったというのもあります。
正直、インデックス投資は、色々と理屈なり考え方を理解してしまうと、どの本を読むのか、よりもどうポートフォリオを組むのか、どれほどをリスク資産とするのか、ということだけ考えれば、後は大きな問題ではありません(私のようないいかげんな人間にとってはですが)。

今回読んだのは、杉山智一著の「プライベートバンカー驚異の資産運用砲」です。
著者はプライベートバンカーで、清武英利氏の「プライベートバンカー」の主人公と言われている方のようです。

こういった本は、個人的に大好きなんですね。
富裕層であったり、アンダーグラウンドの世界の人であったり、スパイであったり、現実世界に順応できない身とすると、非現実的な世界、一部の人しか経験できない世界を描いた本は興味が湧いてきますね。

ということで、なんとこの本が某中古本屋さんで108円で手に入ったので読んでみました。
いいですね。私のような庶民投資家では到底マネできないような、レバレッジを効かせた投資法で、海外の法人や低税率な国を使って、なんだかんだで年率10%近いリターンを得るという夢のような資産運用砲が書かれています。

残念ながら、これらのスキームを使えるのは富裕層だけだそうです・・・
どこまでが本当なのか、私には確認する術はありませんが、本当であれば富裕層はいつまでたっても富裕層なんだな、という現実を突きつけられますね。

ただ、この本で私が学んだのは、著者は富裕層向けの特殊な仕組みなり制度を使っていますが、経済の考え方についてはスタンダードに、米国の利上げに備える必要があると述べている点です。

そして、我々のような庶民に向けては、170ページから「非富裕層が行うべき投資法」として、税制メリットを活用しつつ、ドルコスト平均法の投資法を説いていらっしゃいます。

ここでも、分散、低コスト、そして節税制度(NISAなど)の活用ということですね。
正直、別世界の人だと思っている、プライベートバンカーの方から、このような投資手法が紹介されているのにびっくりするとともに、やはり投資の王道であるんだな、なんて思いました。

その他、資産形成気だけでなく1000万円以上からの資産運用方法、そしてプライベートバンカーに依頼できるような1億円以上の運用方法についても、軽く触れられています。

それにしても、この本を読んでみると細かくは述べられていませんが、日本の規制は資産形成に向かない制度だそうです。
そのために、著者はシンガポールでプライベートバンカーとして仕事をしたそうです。

そして、シンガポールの住人の6人(組の家族)に1人(組)が富裕層であるということに驚くとともに、日本人が結構いるということにも驚きました。

日本の年金制度やら高齢化の状況を見ると、富裕層に達している方はシンガポールに移住するのもありなんですかね・・・
なんでも、税金がほとんどかからないそうですし。

是非、これ以上の運用方法が知りたい方はこちらから(笑)




プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR